上手に保険やクーポンを使って、より安くレーシック手術を受けよう

ネット社会の昨今、人々の視力の低下が問題視されています。仕事はパソコン業務が増え、外出先ではタブレット端末、携帯電話はスマートフォン、といったように現代人には目の負担が多いのです。大人はもちろんのこと、子供達にも影響が出ています。最近の子供達は、公園で遊んでいても遊具で遊ぶのではなく、遊具の上に座り込み、それぞれ個々のゲーム機器で遊ぶといった光景がよく目にされます。そのため、最近ではパソコンやゲーム機から放出されるブルーライトから目を保護するためのメガネも発売され人気を集めています。そういったもので自らの視力低下を防ごうとしていても追いつかない場合も多いのが現状です。そこで、画期的な方法としてレーシックという手術を受ける人が年々増加しています。レーシックとは、簡単に言ってしまえば角膜にレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変え視力を矯正する手術のことです。目の手術と聞くと抵抗のある人は多いでしょうが、手術自体は短時間で済みます。術後、多くの方は2~3時間で視力を回復できたことを実感することができます。個人差はありますが、翌日には視力回復が実感できます。ただ視力が安定するまでには遠視の状態が続いたり、ぼんやりとした感じにしか見えなかったり、光がまぶしく感じたりなどしますが、これらは一過性のもので術後1ヶ月もすればおさまり、視力が少しずつですが安定してきます。
手術を受けるとなれば、気になるのが費用です。いくつかのコースがありますが20万円から30万円ぐらいのものが一般的で、それぞれ10年以上の保障が付いていて検査費用は無料となっています。またお友達からの紹介によって割引になる場合もあります。この割引はかなり大きいのでぜひとも使うべきです。まず、レーシックを受けたお友達を探すことをおすすめします。また、医療費控除を受けることができるので、手術料金の領収書は必ず保管しておき確定申告の際に提出すべきです。また、生命保険も適用される場合があります。新しい生命保険には適用しないケースが多いようですが、以前から加入しているものであれば適用される場合もあるので保険会社会に確認してみることをおすすめします。
目が見えにくいと色々なストレスを抱える事になります。メガネやコンタクトで頭が痛くなったり、肩がこったりと悩まれてる方も多いです。レーシックによって、今まで見ていた世界と違う世界を見ることができるようになります。