レーシック難民になってしまう原因とレーシック難民の実態および症状

レーシック(LASIK)とは、眼球の角膜にエキシマレーザーというレーザーを照射して角膜の曲率を変えることにより視力矯正をはかる角膜屈折矯正手術のひとつです。今までメガネやコンタクトに頼るしかなかった人々にとっては画期的で魅力的な治療方法であり、最近ではその人気ぶりから次々とレーシック手術を導入する医院が出てきました。
角膜という極めてデリケートな部分を扱うため安全性に疑問を持つ方もいますが、近頃は腕の確かな医者や高性能な機器がそろっているため技術的な失敗はあまりありません。
しかし、だからといって術後に100パーセント幸せな生活が待っているかといえばそうではありません。
この手術を勧めたりこの手術の恩恵を受けている人々がいる一方で、レーシック難民と呼ばれる人々も存在します。
彼らも一度は手術に望みをかけた一般人でした。しかし、手術をうけたことで人生は一変してしまいます。
この治療方法の恐ろしいところは、たとえ手術自体が成功しても後から後遺症が襲ってくることがあることです。医者は自分の技術を持って、少しでも評判をあげようと視力を大幅に改善しようとすることがあります。
すると角膜を削りすぎてしまうといった事態が発生し、削られすぎた角膜は自然に反しますから体に負担をきたします。
一見視力が回復したように見えるのですが徐々に体に異変が起き始めるのです。
症状としては疲労感や肩こり、吐き気、頭痛、めまいといったものから、本来の目的であったはずの視力回復どころか視力が低下したり目に何かしらの異常を感じることまで幅広いものがあります。
そして彼らが難民と呼ばれるゆえんは、彼らが頼るべき場所がないことです。
手術をした医者は失敗をしたわけではないと言い張って相手にしてくれませんし、ほかの医療機関でも関連性を指摘して親身になってくれることはまれです。そもそも医者が認めなければ素人ではその症状を手術のせいにすることすらできません。
よって助けを求める場所がなくなった人々はまるで住む場所を追われた難民のようなひっそりと生きていかなければならなくなります。実際これらの症状で仕事に集中できずに退職せざるを得なくなったり、思い悩んで精神に異常をきたしたり、周囲の人々に迷惑をかけてしまうことも少なくなく、中には自殺をはかるまでに苦悩している難民もいます。
何かとメリットが取り上げられるレーシック手術による視力矯正ですが、必ずしも安心安全な治療法ではなく、リスクを負う可能性があることも意識しないといけません。